AEDの普及

AEDというのをご存知ですか。 これはAutomated External Defibrillatorからとったもので、 日本語で言えば自動体外式除細動器と呼びます。 簡単に言えば、心臓が突然止まってしまった人に使って、 心臓に電気ショックを与える事によって心臓を再び動かそうとする装置の事です。

さて、心臓が止まってしまう原因としては、実は色々とあります。 それが不整脈、心室細動、心室頻脈などですが、 この中でも心室細動に対して電気ショックを与えて再び心臓を動かそうとするのがAEDの役割です。 ただこの心臓が止まる原因の中でも、心室細動のみにAEDが有効なのですが、 素人には何が原因かなどはわからないでしょう。 しかしその点については大丈夫です。 心室細動かどうかはAEDが自動的に判断してくれます。 その為、素人だから使えないかもしれない、何て思って使えない人もいるかもしれませんが、 その点に関しての心配は必要ありません。 従って、倒れている人が見つかったら利用するようにするのがお勧めです。

さてそんなAEDですが、実際には医療行為ともいえるのですが2004年から一般市民も使えるようになりました。 それもあって現在では駅・空港・ショッピングセンター・ホールなど様々なところにそれが設置されています。 それがある場所にはしっかりとAED設置場所を示すロゴがあるので、目印にして探すようにしましょう。 また場所によっては入口とかにそれが建物の中に設置してあるかどうかを示すステッカーなどが 貼られているところもあるので、そういうのを見つけたらしっかりとAEDを探してみるのもお勧めです。 とはいえ簡単に使えるものではないので、出来るだけ正しく使うようにする為にも 実際にはAEDに関する講習会などに参加するほうが、今後の事を考えても良いでしょう。 心臓は止まったまま放置しておけばおくほど救命の可能性は低下していってしまいます。

従って、救急隊員が来る前に心臓が停止しているのが分かったら、まずはAEDを利用するようにしましょう。 またそれだけでは不十分なときも多々あるので、しっかりと心肺蘇生も同時に行うようにします。 心肺蘇生法とは人工呼吸と心臓マッサージを行う事です。 そうする事によって、より一層救命の確率がアップしていくし、 またAED自体はそれほど操作は難しくないのですが、倒れて心臓が止まってしまっている人を見つけた時に 慌ててしまったとしても、両方の方法で行えばより確実と言えるでしょう。 皆さんに求める事と言えばどんな時でもAEDを使える状況に入れるように、 まずはAEDの使い方をご理解いただきたいと思います。